一級建築士haha-chanの穏やかな空間造り

一級建築士そして母親、主婦、女性・・・そんな視点を織り交ぜながら 仕事のこと、生活のこと、家族のことなど・・・綴っています



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
出し巻き卵 :: 2010/09/10(Fri)

こんにちは



しょーもない話ですが・・・


私の一番の好物は「出し巻き卵」です

思えば幼稚園の頃からお弁当には、かならずこの出し巻き卵が

入っていました

(我が家で「玉子焼き」といえば、この「出し巻き卵」を差すのです)


もうかれこれ40年以上・・・私はほぼ毎日、食べているのです

出し巻き卵の入っていないお弁当なんて、お弁当ちゃう!とまで

言ってます・・・

何はなくとも、とりあえず出し巻き卵・・・ってな感じ



なのに・・・

うちの息子はこの出し巻き卵がいまいち、好きでない・・・


な、なんでェ・・・・・・・???

お母さんは、この出し巻き卵で大きなったようなもんやのにィ・・・(?)


なんで?って問い詰めたら・・・い、いや、聞いたら


「前に食べた時、口の中でジャリってゆうたんや。それからキライ


そ、それは・・・お母さんのせいなの? (卵の殻が入ってた?


でも、でも

男のくせに、それくらいで・・・!!!


だけどこの息子、スクランブルエッグもどきは食べるんだよね

へーんなの・・・




そういえば、わたしが小学生の時だった

遠足でのお弁当の時、友達と玉子焼きの交換をしたんだけど

その友達の玉子焼きが・・・甘かった


エーーーーなんで甘いん、これ!これなに!!

って、ほんとにびっくりしたんです

わたし、甘い玉子焼きを生まれて初めて食べたんです

子どもごころにショックでした




そんなことを思い出しつつ、今日も出し巻き卵を食べるわたしです


ほんまに、しょーもない話でごめんなさい




ランキングに参加中です
下のバナーをクリックしていただけると
更新の励みになります
よろしくお願いします
 ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 主婦
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
お正月の準備OK! :: 2009/12/29(Tue)

会社の女性スタッフに正月用のおもちをいただきました~


なんでも昨日、自宅でお餅つきをしたそうで…

もち2

もち1

きれいにまるめてるよね~


わたしも以前、会社でもちつきしたことありましたが

できたてのお餅、きれいにまるめるの大変だったような気がする…



これでお正月の準備はOKね!?

エ、まだだろうって・・・たしかに




うちの息子、お餅大好きだからうれしいです~


食べるものに困らないっていうのは、幸せですね

感謝、感謝


Ⅰさん、ありがとう~










ランキング参加しています
下のバナーをクリックしていただけると
はげみになります!
よろしくお願いします
 ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
にほんブログ村
  1. 主婦
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
がんばらない家事・・・ :: 2009/11/15(Sun)

がんばらない

 ↑こんなタイトルに惹かれて読みました・・・


一年365日、主婦は休み無く家事をする

効率よくしたいよね、やっぱり・・・


だけど、読んでて思いました

がんばらない家事をするためには、最初はやっぱりがんばらんといかん

がんばって、がんばらなくていい環境をつくる・・・


そうかぁ・・・

がんばらないためには、最初はがんばるんだ・・・


なんだか禅問答みたい


私もがんばって少しずつ、がんばらない家事のコツみつけていこう







がんばらない?、いや、がんばります!

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
にほんブログ村

  1. 主婦
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
「主婦」の視点 :: 2009/11/10(Tue)

リフォームで「主婦」の視点って、とても大切

家で一番長い時間を過ごすのは、かなりな確率で「主婦」が多いから
(中には主夫もいるけれど・・・)
その「主婦」の意見は大きな力を発揮することがある


主婦

新築の場合だとご主人、奥様双方の主張があるけれど、リフォームだと
主張されるのは(主導権ともいう?)奥様であることが多いように感じます

奥様が「私はこうしたいのよ!!」と言えば、たいがいご主人は
「わ、わかったあんたの好きなようにしたらええやん・・・」

今までの罪ほろぼしか、あとのことを考えてか、多少予算オーバーしても・・・

「え、え・・・こんなするんか・・・」
「だって、こうしたいのよ!」
「わかったがな・・・ええがな・・・それで・・・」

そんなやりとりをけっこう見てきました


そんな奥様と話をするときはやっぱり「主婦」というのは強みです

以前聞いた話ですが、20代の若いプランナーさんが年配の奥様とキッチン
について話をしていたとき

「このキッチンはこんなイメージで、こう使うと大変便利ですよ」と言ったところ
「あなた、家で料理とかするの?家事なんてするの?」と言われて、そのあと
話がはずまなかったらしい

まあ、全てがそうではないだろうけど、いろんな意味で年配の奥様は手ごわい・・・

そんなとき役立つのはある程度年齢のいった(?)「主婦」の視点というか、
「生活者」の視点かな    (さりげなく自分の売り込み・・・?)

若い人が言うよりも、主婦(生活者)としてのキャリアがあるであろう私のような
おばさんが言うと説得力があるのです (たぶん・・・ほんまかな・・・)

ほんとは、ありったけの想像力を働かして・・・伝えているときも、なきにしもあらず


ある程度の年齢の女性 = 主婦 = 台所に立つ = 料理する = ・・・ ・・・
そう考えられていることが多いけど

でも、キッチンに立つ男性もいれば、キッチンには立たない女性もいる・・・のも事実


それに私の場合、純粋な「主婦」といえるのか・・・
だって10年ほど前からもう、つれあいはいないし、多分この先も新しいつれあいが
現れる気配もないし・・・ね

なので、「主婦」の視点というよりも、「生活者」の視点でリフォームのプランニングを
しているような気もします


なにはともあれ、「主婦」または「生活者」の視点て大切ですよね

いままで住んでいたお家の住みにくくなった部分、不便な部分を心地よい空間に
変えるのが仕事ですもん
ベテラン主婦の方、人生の先輩方に提案するのだから、中途半端では共感は
得られません


経験と、足りないところは精一杯の想像力で、がんばりましょう



 ↓ がんばりますので
  ↓応援お願いします


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
にほんブログ村





  1. 主婦
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。