一級建築士haha-chanの穏やかな空間造り

一級建築士そして母親、主婦、女性・・・そんな視点を織り交ぜながら 仕事のこと、生活のこと、家族のことなど・・・綴っています



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
畳の部屋、好きです :: 2011/07/29(Fri)

こんにちは



最近毎日ずっと炭酸水を飲んでいます

休みの前日にはこれがビールになったりしますがね・・・

サッポロ2
いまのお気に入りは「サッポロ ゲロルシュタイナー」

お値段ちょっと高めだけど、「おばさん」は他に楽しみないから(?)

これくらい許して・・・

疲労回復やダイエット、お便秘解消に・・・ねッ!!




さて、それはおいといて・・・



最近は「畳」のないお家って、けっこう多くないですか

デザインが洋風化していることが一番の理由かな

それとか、限られたスペースでどうしても「リビング」を広くしたい

ってなったとき

「じゃあ畳の部屋はいらないし」みたいな・・・


でも私「おばさん」は畳空間すきです

多目的に利用できますよね


小さな子どもがいたら、いっしょにお昼寝したり

子どもがいなくても、食後にごろ寝、休日にごろ寝・・・(ごろ寝ばっかり?)


誰かが泊まりに来たときの寝室

夫婦喧嘩したときの、だんなの避難場所(?)



そして、独立した和室ではなくて、リビングの一部としての和室空間が好きです

和室2

間仕切りで仕切れば個室になるし、開ければリビングと一体で利用できるし


そして、畳は薄畳ではなくて、ちゃんとした畳 (ちゃんとした畳って・・・)


これぞジャパニーズルーム (おばさんはカタカナで書くのだ)



そりゃあね、フローリングにラグ敷いてねっころがるのもいいかもしれないが・・・

おばさんはやっぱ、畳なのです






ランキング参加しています
ポチポチってお願いします
ぜひぜひ


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. プランづくり
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<羽アリが侵入・・・ | top | ぎっくり腰・・・>>


comment

No title

おはようございます。
畳の部屋、田舎暮らしの種子島でさえ
一軒に一部屋くらいです。
立派な床の間にフローリングって訳にはいかないので、
客間はどの家も畳敷きですが、他は洋間ってパターンが増えました。
年配の方は畳が好き・・・と思いますが、”高齢者”と呼ばれるようになると洋間希望になります。
立ったり、座ったりが辛くなるから、ベッド&イス・テーブル
生活になるんですよね。
イグサの香りに癒される生活を失いたくはないです。
  1. 2011/07/30(Sat) 11:26:26 |
  2. URL |
  3. tanega島 #rC1RzLUE
  4. [ 編集 ]

tanega島さま

こんにちは!

たしかに高齢になってくると、イスに座るほうが楽ですね
うちの母も横になる(ゴロ寝)以外はイスに座ってます
私も座るなら、イスのほうが好きです(あれっ!?)

12年ほど前、奄美地方で暮らしたことがありますが
新しく建つ家はほとんど「洋間」でしたね

それでも「客間」「床の間」「仏間」っていうのは
必ずありましたね。リビングに続く和室ではなく独立した
和室でした。一間巾くらいの廊下(ホール?)をはさんで・・・
冠婚葬祭を自宅でする名残ですかね
  1. 2011/07/30(Sat) 13:50:47 |
  2. URL |
  3. haha.i #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haha1018.blog28.fc2.com/tb.php/389-28457a1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。